新生活のスタート〜電気ケトルのプレゼントと紅茶・コーヒーの贈り物

電気ケトルについて

電気ケトル

もしあなたが、一人暮らしや新婚生活などを始めるとしたら、お湯を沸かす時にどのように沸かしていますか?

 

ちょっと前まであれば、電気ポットが主流でした。しかし、日中はあまり使わないのに常時電気を使い続ける電気ポットは、省エネの観点やポットの中の垢などから敬遠されるようになってきました。そして最近では、ガスを使わない家庭が増えてきて、それに代わって電気ケトルが人気を集めるようになってきました。

 

電気ケトルの仕組みからは、お湯を沸かした後は時間が経つと徐々に冷めていきます。それでも日常生活での利用にはこれで十分です。

日本製と外国製は安全性に違い

外国でも電気ケトルもありますが、日本製とは安全性の考え方、取り組みが異なっています。
外国製の場合は、単に電気を使ったやかんというイメージでしょうか。

 

外国製は、触れば熱く、倒れればお湯がこぼれてしまいます。

 

日本製の電気ケトルは、それらの安全性に配慮した構造になっています。
不用意な操作で、できる限り事故を防ぐような配慮をした作りになっていますので、小さなお子さんがいる家庭に向いているでしょう。

 

最近の電気ケトルは少量のお湯を沸かすものがメインとなっていいて、1リットル前後の容量が主流です。
デザインも女性が好みそうなかわいいものが多いようです。

 

メーカーも、一人暮らしやカップル向けと考えているのでしょうか。

 

もちろん、沸かしたお湯は電気を使わないポットに入れておけば、あまり冷めることはありません。
電気を使いながら、省エネに配慮した商品というコンセプトもあります。

 

そうした商品は一般の消費者にとって受け入れやすいものとなります。
まだまだ電気ケトルの需要は増えていくでしょうね。


電気ケトルの評価

ところで、電気製品を購入する時、あなたはどのような選び方をしますか?
多くの人が価格やデザインを見ているのではないでしょうか。

電気ケトル購入のポイント

電気ケトルを購入する時のポイントを考えてみましょう。
とは言っても実際に使ってみるまで問題点はわからないものです。

 

インターネットのブログなどで電気ケトルの評価がありますから、それらを参考にしてください。
もちろん、商品によってターゲットとしているユーザーが違います。
そこに自分が入るのかどうかは自分で判断すべきでしょう。

 

日常的に使う湯量を考える

 

特に、電気ケトルの場合は、日常的にどれくらいの湯量を自分が使っているのかを考えてます。
それによって必要な容量が決まります。
電気ケトルのコンセプトとしては少量を短時間で沸かすということに重点が置かれています。
その為、最初に大きな電流が流れることがありますので、たこ足配線でケトルをつなぐのはやめましょう。

 

ところで、電気ケトルの基本的な性能は、メーカーによる差は殆どないと考えていいでしょう。

 

お湯が沸いた時にブザーで知らせてくれる商品もありますが、なくても困らない機能です。
お湯が沸けば自動的に電気が切れる機能は基本的ですから、どの商品も備えています。
また、転倒時のお湯のこぼれを防止する構造も当たり前になってきているのです。

 

これからの時代は電気を賢く使って、省エネを考える時代となります。

 

電気は細かく制御することが比較的簡単ですから、電気ケトルはこれからも需要が増えると考えていいでしょう。後は、使う人、贈る人のセンスで、デザインと価格をどう考えるかです。


初めての方へ 紅茶の淹れ方、選び方 コーヒーの淹れ方、選び方 日本茶の淹れ方、選び方 お問い合わせ先