腰痛の種類・症状と原因

腰痛の種類と症状、その原因

腰痛には、内臓系の病的なものから痛みとなることもありますが、ここではそうしたものを省き、一般的な筋肉やその周辺の骨格の異常から腰痛となるものを挙げてみます。
全身の骨の様子

腰痛症

腰痛の中でも最も多いのが腰痛症です。
病院で詳しく検査をしても、これといった原因が見つからないような慢性的な腰痛に対して下される診断名で、腰椎症ともいいます。

腰痛症の原因

一般的に、日常的に姿勢が悪くなると腰まわりの筋肉が疲れやすく、腰椎周囲の筋力が弱くなります。すると、適切な姿勢が保持できなかったり、腰椎周囲の筋肉に過度の負担がかかることが原因とされています。

ぎっくり腰

一般的に重いものを持ったり急に体をねじったりした時におこる急性の腰痛で、総称をぎっくり腰、正式には急性腰痛症といいます。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因は、腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨部等の一部が損傷したものです。中でも、特に多くみられるのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からなる仙腸関節に付着する軟部組織の損傷です。

腰椎分離症および腰椎すべり症

腰椎分離症は、疲労骨折の一種で背骨の一部分に亀裂が走っている状態をいいます。激しい運動をしていた競技者によく見られる状態で、レントゲン撮影からは骨折線となって現れます。
強い外力が腰部に直接加わって骨折に至ったというものではなく、気がついたら腰椎分離症になっていたというものでしょう。こうしたことから、何となく腰が痛いというままに放置されて慢性化していることもあります。

 

腰椎すべり症は、背骨の一部が本来の位置より前方に移動してしまっている状態を指しています。
その発症原因は、腰椎分離症を伴って起きる場合とそうでないものがあります。
多くが第5腰椎が前側にすべっていて、触ると一部分だけ凹んだように感じられます。
腰は正常でも前彎と呼ばれ、前側に緩やかにカーブしていますが、さらに角度が入り、腰が反り返っているような姿勢の人に見られます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛と呼ばれるのは、腰やお尻の痛み、太ももの裏や足先にかけてのしびれです。
坐骨神経は腰椎の下部から出て、お尻を通り足に向かう神経ですが、それが骨盤周りのどこかで圧迫されて起こる症状です。
坐骨神経は、他の神経に比べると太く、鉛筆ほどの太さにあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因となるものは、以下のようなものがあります。

  • 梨状筋症候群
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊椎管狭窄症
  • 椎間関節症候群

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰が痛むと同時に下肢にも痛みやしびれなどが伴います。
痛みが強いとともに、立ったまま腰を曲げることが辛くなり、その痛みを和らげようと脊柱を側方へ傾ける姿勢になります。
通常、第4・5腰椎間のヘルニアは、第5腰神経が圧迫される為、下腿外側から母趾にしびれや痛みを感じて反らしにくくなります。
第5腰椎・第1仙椎間のヘルニアは第1仙骨神経が圧迫される為、足背外側と足底にしびれや痛みを感じ、爪先で立てません。
一方、脊柱管の中心にある馬尾(ばび)が強く圧迫された場合は、肛門周囲のしびれや痛み、時には排尿困難や便秘となります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

加齢に伴う椎間板の劣化、過度なスポーツトレーニング、姿勢の悪さ、骨盤の歪み、遺伝性、精神的ストレスが主だといわれます。

脊柱管狭窄症

背骨の中にある脊柱管は脊髄神経を守っている重要なトンネルですが、それが何らかの原因で狭くなっえ足の痛みやしびれを起こす事があります。
その状態を、脊柱管狭窄症と呼び、歩いているとしびれが悪化し、休むとしびれは軽くなる間欠跛行が現れます。
脊柱管狭窄症の特徴的として、腰を反らすと痛みが強くなり、前屈すると楽になるという病態があります。
これは、腰を反らすと脊柱管が狭くなって神経の圧迫が強くなり、前屈すると脊柱管は広がるからです。
しびれが強くなると、足の力が入れにくくなり、排尿や排便のコントロールが出来なくなることもあります。

脊柱管狭窄症の原因

原因は、加齢(変形性関節症など)、脊柱管内部の靱帯が厚くなる、脊椎分離症などがあります。

 

※ その他にも、梨状筋症候群 椎間関節症候群、変形性腰椎症、仙腸関節炎などの症状があります。

エゴスキューメソッド腰痛解消プログラムの詳細はこちらから